Yasukoの歴史探訪

日本史、世界史、美術史、郷土史など歴史が好きなので、趣味の写真を撮り込みながらまとめてみたい

2019年02月

常山は岡山県玉野市の北西部と岡山市南区灘崎町の境に、標高309.2m、その頂上には常山城が文明年間(1469~1486年)に備中の戦国大名三村氏の姻戚である上野氏によって最初に築かれた。以後上野氏の居城となった。3代目の上野肥前守隆徳が最後の当主で、夫人の名前は鶴姫。 ...

1185年12月7日(現1月10日) 藤戸合戦の開始平氏方は本拠地屋島を守るため、平行盛が現在児島の篝(かがり)地蔵のあたりに城郭を築いていた平氏の兵力は500隻500余騎頼朝が平氏追討の兵をあげたときその武将として代官となったのが異母弟の源範頼であるが ...

1184年1月  木曽義仲が征夷大将軍となるが、宇治川で源範頼(義朝の六男母は池田宿の遊女といわれる)義経(義朝の九男母は常盤御前)と激突し敗死。同2月  福原まで勢力を回復していた平氏を源義経が摂津一の谷で奇襲(急な坂を馬で下りて背後から攻めた)で撃破、 ...

1181年閏2月4日  平清盛64歳で「あつち死」高熱に苦しんで死んだ。その頃はすでに嫡男重盛は病死、次男の基盛も24歳で早逝し、平氏の棟梁は三男の宗盛が継いだ。1183年5月  河内源氏の木曽義仲(頼朝の従兄弟)が以仁王の令旨によって挙兵し倶利伽羅峠で ...

岡山に京橋という橋がある。 京橋の近くには中島地域には遊郭があった。江戸時代には京橋を山陽道が通っていて西大寺町、下之町、上之町へと至った。旭川は岡山の水運の中心として賑わっていた。その橋から大きな羽翼をつけて飛んだ人物がいた。鳥人幸吉、表具師幸吉といわ ...

以前歴史秘話ヒストリアをみて、興味を持っていたのと、市の広報に紹介されていたのをみて生家が私が住んでいるところから近いこと、絹枝さんが眠られているお寺が何時も買い物で通っている道のすぐそばだったことから、足跡に興味を持った。1940年(明治40年)1月1 ...

このページのトップヘ