何時も車で通過はしているが、改めて写したことはなかった。橋の傍に「明治43年木造の橋が作られたが、昭和5年にコンクリートの橋に作り替えられ、昭和20年6月29日の岡山大空襲で多くのひとが亡くなった。かつての大惨事の記憶を今に伝える」。と書かれている。私も誰に聞いたか覚えていないが、周りが燃えて暑いので西側に飛び込んで亡くなった人がいたり、川に死体が流れていたということは聞いたことがある気がする。

DSC_0010



DSC_0012DSC_0015

DSC_0011

DSC_0019